夏休みの宿題

私の時代と変わらない。子どもの

夏休みの宿題の中に、自由研究というものがあります。


毎年色々な事を取り組みましたけど、

今年は正直、面倒くさいなぁと。

そもそも面倒だなと母が思う事自体、おかしいですよね。笑

子どもの事なのに。。


でもそうはいかないのが現実。

一緒にテーマを決めて、一緒に調べて…


私も絵の色塗りを手伝ってもらっていました。。


さて、何にしようか…。

子どもが惑星について知りたい!


と言うので、科学館に何か良い情報はないかと出かけてみたら、見つかったテーマは、火星大接近について。


7月31日に大接近したことで話題になりました。なので館内もその情報が沢山あって、調べやすかった!

家に帰ったらサクサクと模造紙に書く内容が出来上がりました。


そして実際、まだ火星はよく見えていますが、ちょうど火星観察会のイベントがあったので、後日、また出かけました。


プラネタリウムで今回みる、月、土星、火星の説明。星については、夏の大三角など美しい音楽に合わせて進んでいきます。


このイベントに参加者500名を超えているらしく、このプラネタリウムでの説明会は3回行われていましたよ。

夏休みで、子ども達が沢山。


余談ですが、私は人混みがとても苦手で

イライラしたり、とっても疲れたりするのですが、この日は全くそう感じなかった。


そして、実際に外に出ていよいよ大きな天体望遠鏡で月、土星そして火星を見ます。

肌寒いくらいの気温で、空もとってもクリア。上限の月、その近くに木星夏の大三角など望遠鏡でなくても堪能できます。


が、実際に望遠鏡でみた月には感動しました。土星は周りの輪も見えて。。

来てよかった〜。帰りの車で家族皆言っていました。


その夜は、月と星のおかげで?ぐっすりと眠ることが出来ましたよ。


面倒くさいから始まった事でしたが、良い体験をさせてもらいました。


f:id:fukuokatenjin:20180819100743j:plain

携帯で撮った火星です。


涼しい場所を求めて

毎日、まだまだ暑いです。


我が家の夏休み、塾の夏期講習に集中しています。

この宿題の量。容赦なく次から次へ。。

うちの場合、親も関わらずにはいられない状況です。苦笑


そんな中ではありますが、軽井沢へ一泊旅行へ行ってきました。

一応、塾の宿題も持って。


午後はさすがに暑いですが、子どもの頃を思い出すような朝、夕方の涼しさは普段味わえない。来てよかった。


そう、午後は暑いというのに、

夫と子どもはゴルフをしたいと。


来たぞ、男子組。

…あまり気乗りしないなぁと思ったけど、

せっかくの家族旅行だからと 我慢してゴルフをすると言ったものの、旅案内本を見ていると、美術館に行きたい思いが強くなってきて、やっぱり二人で楽しんで来て!

と、二人をゴルフ場に送って、私は一人でドライブへ行きました。


軽井沢千住博美美術館へ行く前に、車だと

すぐ近く、軽井沢タリアセンへ。

9時位に行ったので、人が少ないし、気持ち良かった。


この池でボートを楽しんでいる人達も。

旧朝吹山荘 睡鳩荘が写真奥に見えます。

f:id:fukuokatenjin:20180801161745j:plain

カモがいたよ。

f:id:fukuokatenjin:20180801161850j:plain

このちょっとした広場には、観音様の像がありました。

f:id:fukuokatenjin:20180801161936j:plain


あぁ楽しかった。

散歩を堪能して、美術館へ。

自然と調和した美しい建物と作品に感動

写真は、入口付近に咲いていた花たち。

f:id:fukuokatenjin:20180815115656j:plain


f:id:fukuokatenjin:20180815115818j:plain


この美術館には

老舗のパン屋さんブランジェ浅野屋のカフェも併設していて、パンやお惣菜、ワインが販売されています。

そこで、家用に購入したワイン、美味しかった。


ワインと言えば、1日目の夜に夕食を食べに行ったハルニテラス内にある、

ベーカリー&レストラン 沢村ハルニテラス

での食事とワインも。これまた美味しかったなぁ。



さて、美術館を堪能した後は、男子チームを迎えにゴルフ場へ再び戻り、

御厨MIKURIYAへお昼を食べに。


合鴨農法で栽培したお米を、かまどで炊いた

おにぎり膳を頂きました。

どれも丁寧に作られていて、接客もとても感じが良くて、大満足でした。


まだまだ軽井沢に滞在したかったけど、

帰らなければならない。。涙


最後は、スーパーツルヤで今夜の夕食の食材を調達。しばらく帰宅してからも軽井沢を味わう気 満々でお買い物を。


次は、いつ行けるかな。

そして、結局しなかった塾の宿題。

現実に戻って また頑張ろう。





メガミサマノカタチ

今日、購入したので、まだ最後まで読んだわけではないのですが…

そんなに文章はないです。。

写真がとっても素敵。美しいです。


メガミサマノカタチ

f:id:fukuokatenjin:20180622182901j:plain


写真家であり、鑑定士でもある二刀流⁉︎の

作者 emyさんの本です。


見つけた日には買わなかったのですが…

なんだか気になって。。



f:id:fukuokatenjin:20180622183117j:plain


もうすぐ夏越の祓え。

神社では準備が行われていました。


f:id:fukuokatenjin:20180622183252j:plain


今年も半分終わります。


アロマトリートメント

明日は夏至ですね。

スピリチュアルな方達のブログに書かれている情報によると、とても意味のある、エネルギーの大きな日になるそうです。

私にとって どんな日になるのだろう?


さて、今日は、
アロマトリートメントを受けてきた。
経路マッサージからアロマオイルを使ったトリートメントをして頂いた。
この仕事の前は、子どもに関わるお仕事をされていたそうです。
素敵なプライベートサロンでした!

ところで、初めて降りた駅、都立大学
ここへ来たら、マッターホーンというお菓子屋さんにいくぞ❗️
と以前から楽しみにしていた。

なのに…
見つけられなかった。涙

いつもなら何が何でもと探していたと思うけど、身体がふわふわにほぐれてボーっとしていたので、駅の周りを歩いて、どうでもよくなり、電車に乗ってしまいました。

またの機会に。




音羽の滝

f:id:fukuokatenjin:20180619070228j:plain

先週末に買ったお香を1日に何度も使っていたら、1週間でなくなりました。


本当に良い香りだった。。



そして次に買ったものは、薫玉堂さんの

音羽の滝


ペパーミントグリーンの爽やかな箱と香りに惹かれました。

香りの説明には、


清水さんの滝つぼに流れ落ちる東山三十六峰に連なる音羽山の湧水。

千年以上もとぎれることのない、清らかで

涼やかな流れを連想させる香り。


とあります。

早速、朝1番に、窓を開けて、このお香を焚いていると部屋中が、清らかな空間に変わっていきます。


気持ちが良いので、やめられない日課です。





日枝神社

先日、日枝神社へ。



溜池山王駅を降りて、向かったら着いた鳥居にエスカレーターがありました。

もちろん、階段もあります。


どちらでいこうか、、、みんな階段を使っている。。少し考えてみたが、


わーい、私はエスカレーターで。。

周りのビルを堪能してみた(^^)


たどり着いて、社殿でお参りをしていると、ピアノの音が…そして合唱団の歌声が響きだしました。


合唱、大好き!!


youtubeでNコンの課題曲を聴くのが趣味のひとつなのです。

特に、郡山第二中学校と郡山第五中学校の

歌声がお気に入り。


話がそれました。

なので、、

嬉しくて、最後まで藤棚の下で椅子に座ってミニコンサートを聴いてきました。


ご年配中心で結成されていて、童謡だけの選曲でした。素敵でしたよ。


コンサートのMC中に写真を撮ってみた。

f:id:fukuokatenjin:20180614130025j:plain


社殿前には、狛犬ではなく夫婦の猿がいます。写っているのはオス。商売繁昌の御利益があり、写真に写っていない左にいる赤ちゃんを抱いているメスの猿像は、子宝や安産の御利益があるそうです。


コンサートが終わると、社殿に向かって右側にある末社猿田彦神社へ。


帰りは、稲荷鳥居の階段を降り、赤坂見附方面へ。そのまま永田町駅まで歩きました。


駅直結の東京ガーデンテラス内にある

パティスリー、ラ プレシューズ紀ノ井町店でランチを。


お菓子屋さんのデシャメルソース好きなので

グラタンランチを頂きました。

洋館に薔薇…外の景色も良かったです。


f:id:fukuokatenjin:20180614130838j:plain


右上のデザートが子どもが好きそうな

とても美味しいお菓子だったので、

お土産に買って帰りました。





薫玉堂のお香

f:id:fukuokatenjin:20180609125200j:plain


日本最古⁉︎の御香調進所なんだそうです。

京都のお香。


最近、よく雑貨店で見かけます。

最初は、どの香も良いため、1つの香りに縛られず、プレゼントに良さそうな何種類もセレクトされて、更にお香立てが入っているものを買いましたが、今回は季節感と、その時に家族も気に入った、三室戸の蓮というお香を購入しました。


ちょうど、根津美術館で購入した、光琳というお香がなくなったので。

この光琳というお香もおススメします。


さて、この三室戸の蓮。

香りの説明書きによると…




「静かな夏の朝、風に誘われ音をたてるように咲く優美な蓮の花。

天に向け開いた掌に抱かれるような、

穏やかで清廉な香りです。」




と、何とも詩的なメッセージに心打たれました。笑


どの説明を読んでいても欲しくなる素敵な

文章です。そして歴史の重さと、豊かな香り、センスの良い箱と色合いも加わって…。


良い❗️


本当に、良い香りです。


そして、これから梅雨に入り、夏へ。

この時期は、キャンドルよりお香が日本には

合いますね。